引き出し文具

廃番シャーペンのブログ。 芯ホルダーなんかもたまに。。

カテゴリ: 廃番シャーペン

ステッドラー 925-95
製図用の廃番シャープペンです。
同社の925-85 REGと同じように、一回ノックする度に出る芯の量を調節できる機構が搭載されています。ノック部の下、ローレット加工が施されている部分を回すだけです。
ローレットがキツすぎず滑りにくい、また口金が細く、書いている所が見やすいので、割と書きやすいです。
定価は1200円。
IMG_7357

コクヨ プロ TZ-PSP101x
廃番の製図用シャープです。
芯硬度表示部はロットリングに似ています。
定価は1000円。ゴムグリップであることを考えると、少し高いくらいでしょうか。
しかし、グッドデザイン賞を受賞しているだけあって、デザインの面では文句の付け所がありません。
IMG_4671

ぺんてる Xs シャープ
一般筆記用の廃番シャープペンです。
スマッシュの後継機として売り出されましたが、スマッシュが廃番になる前に廃番となってしまいました笑
定価は1000円。スマッシュと変わりません。
グリップ部分が重く、かなり低重心です。
IMG_2928

パイロット ヤング2020
廃番のシャープペンです。
定価は1000円。パイロットの2020シリーズの中では高額な方でしょうか。人気のある一本です。
グリップとクリップはプラスチック製で、特にクリップの方はバキッといきそうで怖いのですが、やはりかっこいいですね。
IMG_1627

ファーバーカステル CONTURA-MATIC
廃番のオートマチック式シャープです。
日本ではほとんど売られていなかったらしく、検索しても出てくるのは海外のサイトばかり。。
定価は一本1000円。見た目が安っぽい割に高い印象ですが、オートマチック機構とファーバーカステル製であることを考えると仕方がないのでしょうか。
IMG_1619

プラチナ ハヤーイ2
先端プッシュ式の廃番シャープペンです。
先端プッシュ機構、聞き慣れない方も多いかと思いますが、簡単に説明すると:
《オートマチック機構とクッション機構が組み合わせられている機構です。芯が先端に出ていない状態で紙などに押し付け、離すと適量の芯が繰り出されます。》
定価は一本500円。この値段で先端プッシュ機構が搭載されてるのは珍しいですね(そもそも先端プッシュ機構自体が珍しいですが。。笑)
IMG_1620

トンボ ステンレス製 製図用シャープ
廃番のシャープペンです。
少し変わった形をしていますが、グリップが握りやすく、重さのバランスも凄く良いです。作りもしっかりしていますね。
定価は1500円。質を考えると納得できる値段です。
是非復刻して頂きたい一本です。
IMG_1431

ぺんてる インジェクト
廃番のシャープペンです。芯径は0.4mmしか無かったようです。
芯の補充には、専用のカートリッジを差し込む必要があります。
軸には透明な窓があり、赤い部品が降りてくることで芯が無くなったことを知らせてくれます。
image


image

↑このページのトップヘ